ニュース&メディア

ニュース

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea
協議体 第13回日中韓三国保健大臣会合の開催(2020 年 12 月 11 日、 オンライン) 2020.12.11
分享到微信朋友圈
2020年12月11日、第13回日中韓三国保健大臣会合が、オンラインで開催されました。会合は、中国の馬暁偉(ば・ぎょうい)国家衛生健康委員会主任が議長を務め、田村憲久厚生労働大臣、韓国の朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官及び葛西健WHO西太平洋地域事務局(WPRO)長が参加しました。日中韓三国協力事務局(TCS)からは、道上尚史事務局長が参加し、開会の辞を述べました。 

同会合は、「新型コロナウイルス感染症対策に関する経験の共有」、「新型コロナウイルス感染症の予防やコントロールにおけるICTの役割」、「新型コロナウイルス感染症の診断、治療、ワクチンの協力」を議題として、意見交換を行いました。三か国及びWPROによる意見交換後には、日中韓の大臣により「第13回日中韓三国保健大臣会合共同声明」が採択されました。次回の会合は2021年に日本で開催される予定です。 

▲第13回日中韓三国保健大臣会合 

▲日中韓三国協力事務局(TCS)道上尚史事務局長による開会の辞