ニュース&メディア

告知

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea
行事 【ご案内】オンラインセミナー 「新型コロナウイルスへの対応~日中韓の経験とベスト・プラクティス~」 (Closed) 2020.07.02
分享到微信朋友圈

 


 
【日時】7月2日(木)15:00~16:30
【言語】英語
【参加費】無料
【出席者】
   発表者
(日本側)押谷 仁 東北大学教授、日本政府新型コロナウイルス感染症対策専門家会議委員
(中国側) 尊友(ご・そんゆう)中国疾病予防管理センター首席感染病学専門家
(韓国側)李 赫民(イ・ヒョンミン)延世大学セブランス病院診断医学科教授、疾病管理本部傘下・感染病危機管理対  策専門委員会専門委員
スペシャル・ゲスト
              葛西 健 WHO西太平洋地域事務局事務局長
主催者側〔モデレーター〕
              道上 尚史 日中韓三国協力事務局(TCS)事務局長
              バーサンジャブ・ガンボルド 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)北東アジア事務所 所長
              事前登録後には、登録確認・案内メールが届きます。
              事前登録の際に頂いた発表者への質問はQ&A セッションにて優先的に取り上げられます。


    このたび、日中韓三国協力事務局(TCS)は、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)北東アジア事務所と共催で、オンラインセミナー「新型コロナウイルスへの対応~日中韓の経験とベスト・プラクティス~」を開催することとなりました。

    今般のコロナ禍にあたり、日中韓三国は、対処方法は各々異なるものの、感染者や死者が、欧米などより大幅に少ない水準に抑えられており、各国より、日中韓のコロナ対処をもっと知りたい、学びたいとの声が寄せられています。今般のセミナーを通じ、三国の経験とベスト・プラクティスがアジア太平洋など世界各国の人々と共有され、今後の備えの一助となればと考えています。

 

 

プログラム】

15:00-15:05

挨拶

l  バーサンジャブ・ガンボルド 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP) 北東アジア事務所 所長

l  道上 尚史 日中韓三国協力事務局(TCS) 事務局長

15:05-16:00

日中韓の新型コロナウイルスにおける経験

 

発表

l  呉 尊友(ご・そんゆう) 中国疾病予防管理センター 首席感染病学専門家

l  押谷 仁 東北大学教授、日本政府新型コロナウイルス感染症対策専門家会議委員

l  李 赫民(イ・ヒョンミン)延世大学セブランス病院診断医学科教授、疾病管理本部傘下・感染病危機管理対策専門委員会専門委員

 

スペシャル・ゲスト

l  葛西 健 WHO西太平洋地域事務局事務局長

16:00-16:30

対談・質疑応答

閉会の挨拶

l  バーサンジャブ・ガンボルド 国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP) 北東アジア事務所 所長

l  道上 尚史 日中韓三国協力事務局(TCS) 事務局長

 

【お問い合わせ】escap-sroenea-registry@un.org