ニュース&メディア

告知

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea
行事 三国協力事務局のアジア戦時歴史問題トラック2対話の支援(2014年5月12-13日、米国・カリフォルニア州) 2014.05.21

2014年5月11日から13日の間、三国協力事務局は、北東アジアにおける国際関係に影響を与えきた戦時の歴史問題について議論するトラック2学術専門家対話を米国スタンフォード大学アジア太平洋研究センター(APARC)と共同で開催しました。本対話は、「アジアの戦時歴史問題―和解への道」を主題に、歴史問題に起因する緊張の緩和を目的としたもので、非公開で開催されます。  

同対話の主要出席者は、日本、中国、韓国、米国(主にスタンフォード大学所属の学者)で、その多くは戦時歴史問題に関する対話及び和解への醸成に尽力した経験のある方々です。また、戦時の歴史的な記憶を扱うヨーロッパの経験に関する専門家も出席します。事務局代表団は同対話にオブザーバーとして出席します。