その他 欧渤芊TCS事務局長の中国外交学院(CFAU)における講義(2022年6月22日、オンライン) 2022.06.22
分享到微信朋友圈
    2022年6月22日、日中韓三国協力事務局(TCS)の欧渤芊(オウ・ボーチエン)事務局長は中国外交学院(CFAU)の招待を受け、「Future in Our Hands: We Cannot Change Our History, but We Can Shape Our Future」(未来は私たちの手中に: 歴史は変えられないが、未来を形作ることはできる)と題した公開講義を実施しました。 テレビ会議形式で開催され、 ビリビリ(中国の人気ビデオウェブサイト)でライブストリーミングされた本講義は、学生、研究者、国際関係の専門家など200名が聴講しました。 

    三国協力シンクタンクネットワーク(NTCT)、そして一連の青少年交流プログラムにおけるTCSとCFAUの緊密な関係に感謝し、欧事務局長はこの地域の恒久の平和、地域の繁栄、共通の文化的価値を強固にするためのTCSの役割について詳しく説明しました。 欧事務局長は地域及び国際環境の躍動的な変化の下で「外部危機主導」と「強力な内生的力」という2つの特徴を持つ三国協力が非常に重要であることを強調し、三国協力を推進するため若い専門家たちと学生たちにより積極的な関与を求めました。 

    特に、欧事務局長は日中韓の市民社会の間での相互認識の低下という差し迫った問題について共通の懸念を表明しました。「盲人が象に触る」と「2つの世界(現実世界とサイバー世界)の物語 」のたとえを引用しつつ、サイバー空間と情報/通信技術の視点からこの問題の形成原因について分析しました。また地域の平和と安寧及び三国間の未来志向的な関係のために若い世代が相互理解と友情を深めることを強く期待している旨述べました。さらに、TCSの新しい取組みである「日中韓青少年交流ネットワーク」を紹介し、今後のTCS青少年プログラムへのCFAUの学生の参加を歓迎しました。 

    CFAUでの講義は、 欧事務局長による日中韓の大学での公開講義の第一弾の締めくくりとして行われました。5月2日と6月3日、それぞれ韓国の東西大学校と日本の上智大学で特別講義を行いました。 


▲欧渤芊TCS事務局長の講義