その他 TCSはAMROとの覚書延長に署名(2022年4月14日、オンライン) 2022.04.14
分享到微信朋友圈
    2022年4月14日、日中韓三国協力事務局(TCS)の欧渤芊(おう・ぼつせん)事務局長はASEANマクロ経済リサーチ・オフィス(AMRO)の土井俊範所長とオンラインにて会合を行い、両機関の覚書の延長に調印しました。 

    会合では、欧事務局長と土井所長はそれぞれの組織の使命及び機能を紹介しました。両機関に共通する関心事項、また地域の経済及び金融に関するフォーカスの違いを認識し、覚書を2025年まで延長して協力を強化していくことで合意しました。 

    さらに、欧事務局長と土井所長は各機関が今後開催する予定の行事に互いを招待しあい、パンデミック収束ののち、直接顔を合わせる機会がもたらされることを願う旨述べました。 

▲覚書の調印式 

▲覚書に署名を行う欧事務局長 

▲両機関の会合の様子