ニュース&メディア

告知

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea
行事 日中韓協力事務局主催「第一回日中韓記者交流プログラム」募集要項 2014.02.25

日中韓三国協力事務局(TCS)は、2014年3月24日(月)~4月1日(火)の9日間に中国、日本、韓国の三カ国を訪問する第一回日中韓記者交流プログラムの参加者を募集します。同プログラムは既に日本外務省を通じて、霞クラブの記者に募集をかけましたが、それ以外の方も対象になります。ご興味のある方は奮ってご応募ください。 

今年度のテーマは「三国間の相互理解及び相互協力を深めていくためのジャーナリズムの役割」です。プログラムの詳細や応募方法は以下の通りです。 

1、テーマ
<三国間の相互理解及び相互協力を深めていくためのジャーナリズムの役割> 

2、目的
 ・参加記者の日中韓に対する認識を強め、世論の三国における政治、経済、文化及び社会問題に関する理解や見識を深めると同時に、相互協力を促進する;
 ・三国の困難な政治状況を打開し、相互信頼及び友好関係の強化につながる世論環境を提供する;
 ・三国協力及び三国協力事務局の発展のみならず、三国の社会・文化交流に関する様々な協力分野への関心を高める; 

3、期間   
3月24日(月)~4月1日(火)<9日間> 

4、訪問地   
中国、日本、韓国 

5、主催者   
日中韓三国協力事務局 

6、使用言語 公式プログラム(別添参照)では、専門の通訳者が同行し、日中韓国語を通訳します。但し、公式日程以外は、原則として専門通訳及びTCS職員は通訳を行いませんので、ご了承お願いします。 

7、参加者募集   
1) 参加者数:各国から記者5名ずつ   
2) 応募条件:    
・日中韓の現役記者(新聞、テレビ局、通信社、インターネット)    
・5年以上の関連業務経験   
3) 選考方法:書類選考      
・TCSが外務省を通じて、霞クラブに募集案内を通知します。
・参加希望記者は所属先とご相談の上、別添応募用紙に必要事項を記入し、応募受付期間内にTCSまでEメールで提出して下さい。   
4) 選考基準:応募書類、関連分野における専門性等     
5) 提出書類:参加者応募書類(別添)   
6) 提出方法:Eメール(kkoyama@tcs-asia.org)或いはファクス(+82-2-733-2525)※ご自身のサイン或いは捺印が必要。   
7) 応募受付期間:2014年2月14日(金)~2月28日(金)17時必着    
8) お問い合わせ: 日中韓三国事務局 小山(+82-70-4162-5330, kkoyama@tcs-asia.org )  
8、参加費用 航空券、宿泊費、交通費等の公式プログラムにかかる費用はTCSが負担します。ただし、個人的な支出にかかる費用は各自負担。 

 9、参加条件
 1) 公式プログラムの全日程に参加すること;  
 2) このプログラムへの参加を基に、三国協力に関する新聞記事、ニュース報道或いはテレビ番組を作成し、報道すること;  
 3) プログラム参加後、フィードバックを提出すること(行事終了後、TCSが用紙を配布します) 

10、注意事項  
1) 本プログラムの目的は、三国の相互理解を促進し、協力の可能性を探るものです。他社及び他国からの参加者への不快感を与えるようなことは控え、お互いに尊重するように努めて頂きます。  
2) 参加決定後に辞退した場合、代わりの参加者を急遽募集することが生じますので、ご所属先の部署と十分協議の上、お申し込み頂きますようお願いします。  
3) 本プログラムは三ヶ国の記者が三国を回るものであり、公式プログラムの一部欠席或いは途中辞退されると、全体のプログラムに影響を及ぼしますので、ご留意をお願いします。
 
<別添>