ニュース&メディア

TCSニュース

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea
その他 欧渤芊事務局長の国連防災機関北東アジア事務所・国際訓練教育機への訪問(2022年7月21日、仁川) 2022.07.21
分享到微信朋友圈
    2022年7月21日、日中韓三国協力事務局(TCS)の欧渤芊(オウ・ボーチエン)事務局長は、 仁川広域市所在の国連防災機関(UNDRR)の北東アジア事務所・国際訓練教育機関(ONEA-GETI)を訪問し、 サンジャヤ・バティア所長と会談し、地域・国際的水準で防災を促進するための組織協力の深化について意見を交換しました。 

    欧事務局長は 日中韓の防災関連シンポジウムの共催、災害予防と救援に関する日中韓協力のベストプラクティスの広報、そして、日中韓青年大使プログラムやまもなく開催する日中韓記者交流プログラムにおける講義などTCSの様々な事業の実施におけるUNDRRの支援に謝意を表しました。また、最近開催した第7回日中韓防災担当閣僚級会合の結果を説明し、仙台防災枠組の完全な実施においてUNDRRと引き続き協力し、持続可能な開発のための2030アジェンダの進展において然るべく貢献をしていくというTCSのコミットメントを改めて表明しました。 

    バティア所長は、世界的に災害が増加している状況で、日本、中国、韓国が災害リスクの軽減及び教育において顕著な成果をあげていることを述べ、一連の多国間イニシアチブにおいて優先されている「より良い復興(Build Back Better)」 という目標を達成するためには、三国の先進技術と知識を幅広く共有し広報することが重要であると強調しました。また、また、TCSが地域内外の災害リスクに対処するための協調的な取組みを促進するプラットフォームを提供していることに謝意を表しました。 

    両者は、今年9月に仁川広域市とともに災害レジリエンスリーダーズフォーラムの共催、2023年に実施される仙台防災枠組の中間レビューへの支援及び防災における日中韓政府間協議の更なる促進を含め、今後の更なる協力を強化していくことに合意しました。 

▲ 欧TCS事務局長とバティアUNDRR ONEA&GETI所長 

▲ 欧TCS事務局長によるUNDRR ONEA&GETIの訪問